SSブログ

1トン車 (いっとんしゃ)






”車を盛り込んだ替え歌"というお題でだん吉さんが『3年目の浮気』の「馬鹿言ってんじゃないよ」を「馬鹿1トン車ないよ」と回答したのを今でも思い出してはニヤニヤする。

コメント(0) 

スペース・プレイヤーズ、ドント・ブリーズ2 [映画]

スペース・プレイヤーズを観た。2021年、アメリカ、1時間56分。
ワーナーブラザーズのサーバーに存在するアルゴリズムが意思を持ち誰よりも有能でありながら誰にも認められない自分という存在を世界中の人間に認めさせるためNBAのスーパースターであるレブロン・ジェームズを利用しようと企む。

1996年のマイケル・ジョーダン主演の『スペース・ジャム』のリブートではなく続編という事になるらしいが繋がりはそんなに無い様に思えた。と言うか『スペース・ジャム』の内容を殆ど憶えていないので繋がりがどうとか分かるはずもないのだった。
でも本作の中では『スペース・ジャム』の事はそんな事も有ったっけ。といった具合にネタとして使われるくらいだったと思う。
マイケル・ジョーダンネタであの人が出てきたのが面白かった。あの人はアメリカではああいう「じゃない方」扱いなんだろうか。

賑やかな映画だった。賑やか過ぎるとも言えなくも無いが賑やか過ぎるのがルーニー・テューンズらしさでもあるのだろうし。

ルーニー・テューンズのキャラクターの中ではマーヴィン・ザ・マーシャンが好きだけど出演作品を観た事が無く、マーヴィン・ザ・マーシャンが単独で主役の作品が有るのかどうかも分かっていないのでルーニー・テューンズのキャラクターたちの中でどういうポジションなのかも分かっていなかった。どうやら仲間ではなく火星から来たお騒がせキャラといった感じ。



ルーニー・テューンズのキャラクター以外にもワーナーブラザーズの有名映画からそのシーンだったり登場人物が使われていて面白い。ただ、モブキャラの中に見た事のあるキャラクターがいるとそっちに目が行ってしまうというあまり良くない効果も有る。

アルゴリズムを楽しそうに演じるのはドン・チードル。この映画ではコミカルな役を演じているが、ドン・チードルを初めて見た時(2度目だったかもしれない)にギャングの役を演じていてマジで本物の映画とかに出ちゃいけない人が出てる。と思って本当に恐ろしかったのが印象に残ったまま現在に至っている。



ドント・ブリーズ2を観た。2021年、アメリカ、1時間38分。
盲目の老人が幼い少女を引き取ってから8年の時が過ぎていた。老人は世間の悪から少女を守り抜く事を自らに課し、そのため少女にも厳しいルールを課していた。
そんな老人と少女の前に闇夜に乗じて凶暴な男達が現れる。

こちらも続編。『スペース・プレイヤーズ』の様に25年振りでは無く前作は2016年で5年振りという事になるけど5年も経てばもう無理、大分忘れている。前作の時代設定がリアルタイムだとしたら本作の設定は近未来という事になるのだろうか。
前作との繋がりがよく分からないまま観ていたが、観終わってから公式サイトなどを見てみるとどうやら前作との繋がりは盲目の老人くらいでほぼ無いらしい。
だったら老人が何故少女を引き取る事になったのかその辺りはもうちょっと詳しく描かれるべきだったんじゃないかと思う。
それと画面がやたらと暗くて何をしているのか分かりづらい。盲目の老人と似た環境を実感させる狙いが有るのかもしれないけど。
色々と不満は感じていたけど、最終的にこの物語は前作と合わせてクリント・イーストウッド監督作品『許されざる者』と同じ事が描かれているのだと思った。
かつて凶悪な犯罪者だった男が改心する事で過去の罪は許されるのかといった。宗教における神は赦しを与える存在なので赦すだろうけど、実際の生活、世間においてそんな都合のいい話はそうは無くて、だからといって改心せずに悪の道に戻るのではなく過去の罪を一生背負って自分は許されざる者なのだと受け容れた上で残りの人生を真っ当に生きるべきと。
『許されざる者』では主人公が自分は許されざる者なのだと受け容れた後の人生は詳しく描かれないが、本作はどうやら続きも無くは無い様な感じだったので三部作としてかつて凶悪犯だった老人の人生にどう決着を付けるのか興味はある。
コメント(0) 

デラックスなプレミアム

DSC_1480.JPG
鎮痛成分が約20%増量だとか。
小学1年の時から現在まで市販薬ではバファリン一筋。思えば頭痛持ちと胸を張って言えるようになったのは小学校の高学年か中学くらいからか。それからこれまでに何錠くらい飲んだのだろう。大人は1回2錠だから500回で1000錠。千は軽く超えているはず。万は超えていないと思いたい。
コメント(0) 

ジャングル・クルーズ、モンタナの目撃者 [映画]

ジャングル・クルーズを観た。2020年、アメリカ、2時間8分。
第一次世界大戦中。アマゾンのジャングル奥地に有るという全ての病を治療する伝説の花"月の涙"を平和利用のため採取に向かう英国人女性植物学博士。しかしドイツ帝国の皇子もその花を軍事目的のために狙っていた。

ディズニーランドのアトラクションを映画化。と言えば『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの興行的な大成功が思い起こされ、その夢を再びといった所かと邪推。アトラクションの映画化としては以前には他にエディ・マーフィ主演の『ホーンテッド・マンション』も有ったなあと思い出すが内容の方は全然憶えていない。
ディズニーランドにはうん十年前に一度きりしか足を踏み入れた事が無い。イクスピアリのシネコンには何度か行っている。なのでアトラクションのジャングル・クルーズについては全く知らないが、映画の最初の方でドウェイン・ジョンソン演じる船長の観光客向けのクルーズの様子でなんとなくの感じは分かった。恐らくアトラクションでの船長さんもジョーク多めで進行させるのでは。
映画で登場する動物が一部CG感が強めなのはアトラクションの動物も作り物感を残しているからだろうか。

想像だとそんなに激しいアトラクションではないのだろうと思う。そこから話を拡げてそこそこスケールの大きい物語にしたのはさすがだなあと感心する。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズと『インディ・ジョーンズ』シリーズとを合わせて超古代文明も混ぜ合わせたという感じではあるけど。
ドイツ海軍のUボートを出してきた所が面白かった。

"月の涙"を守る部族の人達は自分達のためには"月の涙"を使わなかったという事なのだろうか。何百年にも渡ってそんな神秘の力が身近に有ったのなら何人かは使った人がいたんじゃないかと思ってしまう。

ポール・ジアマッティが出ているが映画を観ている間中ずっと名前なんだっけ?と考え続けて、何故か全く関係の無いディラン・マクダーモットの名前か思い浮かんで来てしまい遂に最後まで出てこずエンドクレジットでようやっと分かった。
そして実はエミリー・ブラントの名前も出てこなかった。
ジェシー・ブレモンスはすんなり名前が出てきたんだけど。



モンタナの目撃者を観た。2021年、アメリカ、1時間40分。
フロリダで起きた州検事宅の爆発事故。そのニュースを見た訴訟会計士は息子を連れモンタナの義理の弟の元へと向かうが二人組の殺し屋がその後を執拗に追う。殺し屋たちはこの件に関わる全てを闇に葬る為に手段を選ばず遂には大規模な山林火災まで引き起こす。

アンジェリーナ・ジョリーが心に傷を負った山岳消防士を演じる。
全く関係の無い事件に巻き込まれていくが、消防士が主役なだけに当然火災が起こる。その事件と火災が起きる原因の関連がちゃんと理屈が通っていて納得できる。ただ、火災シーンはそれほど重要視はされていなくて、あくまでシチュエーションとして事件と同時期に火災が起きているといった感じ。火災現場で主人公が心の傷を克服する作用は一応有るが。

ハリウッド映画のトレンドで『ジャングル・クルーズ』もそうであった様に女性が主導権を握る。これが数年前の3D映画みたいに一時のトレンドで終わらない様にしないといけないのでは。そのためには何が必要かと言えば、一番はそれによって映画が面白くなればいいわけで。残念ながら3Dはこれまでの所ではそれによって面白くなったとは言い難い。
本作では最強のサバイバルガイドの女性がカッコ良かった。サバイバルガイドの女性がカッコ良かったのは悪役の殺し屋(男性)が良かったからという所もかなり大きいと思う。最強のサバイバルガイドと殺し屋が最後に対峙するシーンが良かった。
女性が主導権を握ればそれでいいのではなくて女性、男性どちらが優位とかも無くお互いが同等の立場で映画を面白くしていくのが理想なのだろうと思う。

子役の少年の唇がアンジェリーナ・ジョリーの特徴的な唇に似ている様に思えて、もしかしてアンジェリーナ・ジョリーの息子なのかなと思い込んで、そうならブラッド・ピットの息子でもあり、そう思い込んだら少年の顔にブラッド・ピットの面影が見えるようになってきて、これは間違いなく少年はアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの息子だと確信したけど違った。全然赤の他人。お恥ずかしい。
コメント(0) 

チョコエッグ クレヨンしんちゃんムービーセレクション (ブリブリ王国、ブタのヒヅメ)

1994年 ブリブリ王国の秘宝
1994年 ブリブリ王国の秘宝.JPG1994年 ブリブリ王国の秘宝 紙.JPG

1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦
1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 1.JPG1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 紙1.JPG

被りの季節が続くかと思ったがチョコの中から千歳飴脇に差したブタがやっと出た(わたしはブタではない!)。


1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 3.JPG1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 紙3.JPG

1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 4.JPG1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 5.JPG1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 6.JPG1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 7.JPG1998年 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 紙2.JPG
コメント(0) 

シネマ★シネマ★シネマ 1995年 1



映画紹介
"TO DIE FOR"『誘う女』 (監督 ガス・ヴァン・サント 出演 ニコール・キッドマン、マット・ディロン、ホアキン・フェニックス)

"MOONLIGHT AND VALENTINO"『ムーンライト&ヴァレンチノ』 (監督 デヴィッド・アンスポー 出演 エリザベス・パーキンス、ウーピー・ゴールドバーグ、キャスリーン・ターナー、グウィネス・パルトロー、ジョン・ボン・ジョビ)

"DEVIL IN A BLUE DRESS"『青いドレスの女』 (監督・脚本 カール・フランクリン 出演 デンゼル・ワシントン、ジェニファー・ビールス、トム・サイズモア)


全米興行成績トップ10 (4位まで)
"UNSTRUNG HEROES" 『想い出の微笑(ほほえみ)』(監督 ダイアン・キートン 出演 アンディ・マクダウェル、ジョン・タートゥロ)
が初登場。



ショウビズトゥデイが終わると分かってからこちらを録画していた。確か全米興行成績の情報はこちらの方が1週間早かったはずだと思う。ワールドワイドな情報化社会へと進んでいく中で1週間の遅れ(アメリカ現地からすると2週間遅れていたのかもしれない)というのはあまりにも大きく日本でショウビズトゥデイが終わってしまった原因でも有ったのかなあと勝手に想像する。

偶然にも自分がショウビズトゥデイの録画を残していた1回目と2回目のナレーターはピンチヒッターの山寺宏一さんだった。

F1の中継で放送時間が変更されるとは知らずにいた。ちなみに1位から3位はこの様な結果。
3位 『3人のエンジェル』
2位 『ショーガール』"SHOWGIRLS" 初登場
1位 『セブン』"SE7EN" 初登場
コメント(0) 

チョコエッグ クレヨンしんちゃんムービーセレクション (アミーゴ被り、ケツだけ爆弾被り)

踊れアミーゴが被り。サボテン大襲撃のマラカスと持ち替える事が可能。
2006年 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! 2.JPG

ケツだけ爆弾も被り。長く厳しい被りの季節の到来。
2007年 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾! 2.JPG

ゴジラとシリマルダシ
_20210905_062840.JPG
コメント(0) 

チョコエッグ クレヨンしんちゃんムービーセレクション (カスカベボーイズ、オトナ帝国)

2004年 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ
2004年 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ.JPG2004年 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ 紙.JPG

2001年 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
2001年 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲.JPG2001年 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 紙.JPG
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1995年9月30日 第512回 [ショウビズトゥデイ]



女と男の討論
秋の新作討論 『スカーレット・レター』『ショーガール』『誘う女』『ジム・キャリーのエースにおまかせ』『トイ・ストーリー』『007/ゴールデンアイ』『ゲット・ショーティ』『フェア・ゲーム』『アメリカン・プレジデント』『カジノ』


全米映画興行成績ベスト10
"ANGUS" 『どんな時も』(出演 チャーリー・タルバート、キャシー・ベイツ、ジョージ・C・スコット)
"HACKERS" 『サイバーネット』
"CLOKERS" 『クロッカーズ』(公開2週目)
の3本が初登場。


インタビュー
"HACKERS"(『サイバーネット』)のキャスト 〈イアン・ソフトリー(製作総指揮・監督)、フィッシャー・スティーヴンス、アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・リー・ミラー〉

"CLOCKERS"(『クロッカーズ』)のキャスト 〈スパイク・リー(製作・監督・脚本)、メキー・ファイファー、ハーヴェイ・カイテル、デルロイ・リンドー〉

特集
映画のミスシーン



番組の最後を飾るコーナー、うっかりミスのシーンを特集する初っ端でロビン・ライトをロビン・ウィリアムズと言い間違えているのはジョークなのか視聴者を試していたのかもしれない。

記憶は定かでは無いけど番組が最終回を迎えるのは突然の事ではなくて、当時ガチガチのテレビっ子でテレビ情報誌が愛読書だったので事前には知っていたはず。月刊誌のTV Taroは買ってはいなかったけどよく立ち読みしていたのでもし見ていたら1か月前には知っていたのかもしれない。
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1995年9月23日 [ショウビズトゥデイ]



MUSIC
MTVビデオ・ミュージック アワード


全米映画興行成績ベスト10
"SENIOR TRIP" 『ナショナル・ランプーン/ホワイトハウスを乗っ取れ!』(出演 マット・フルーワー、トミー・チョン)
"LAST OF THE DOGMEN" 『ネイティブ・ハート』(出演 トム・ベレンジャー、バーバラ・ハーシー)
"THE TIA THAT BINDS" 『闇を見つめる瞳』(出演 キース・キャラダイン、ダリル・ハンナ)
"TO WANG FOO THANKS FOR EVERYTHING, JULIE NEWMAR" 『3人のエンジェル』
の4本が初登場。


インタビュー
ラテン系女優 〈アイタナ・サンチェス=ギヨン、サルマ・ハエック〉

パトリック・スウェイジ&ウェズリー・スナイプス 『3人のエンジェル』

レポート
ドラッグ・クイーンの現状

女と男の討論
"TO WONG FOO"(『3人のエンジェル』)討論
コメント(0) 

チョコエッグ クレヨンしんちゃんムービーセレクション (3分ポッキリ被り、ロボとーちゃん)

3分ポッキリ大進撃が被り
2005年 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃 2.JPG

2014年 ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん
2014年 ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん.JPG2014年 ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん 紙.JPG
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1995年9月16日 [ショウビズトゥデイ]



スニーク・プレビュー
UNZIPPED (『アンジップト』) 〈アイザック・ミズラヒ〉


全米映画興行成績ベスト10
"THE USUAL SUSPECTS" 『ユージュアル・サスペクツ』(公開3週目)
"THE PROPEHCY" 『ゴッド・アーミー/悪の天使』
の2本が初登場。


レポート
映画の不倫像

インタビュー
アルフォンソ・アラウ(監督) 『雲の中で散歩』

クリストファー・ウォーケン&エリック・ストルツ 『ゴッド・アーミー/悪の天使』


’95 秋の新作
『ブロークン・アロー』『ゲット・ショーティ』『3人のエンジェル』『ショーガール』『青いドレスの女』『007/ゴールデンアイ』『セブン』『カットスロート・アイランド』『アメリカン・プレジデント』『ワイルド・ビル』『ヴァンパイア・イン・ブルックリン』『誘う女』『スカーレット・レター』『想い出の微笑(ほほえみ)』『ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVELOVE日記』『ジム・キャリーのエースにおまかせ』



アイザック・ミズラヒの名前を久し振りに聞いた。ジョン・ファブローを見るとアイザック・ミズラヒの事を思い出さないでも無かった。

トム・ベレンジャー、バーバラ・ハーシー出演で"UNSTRUNG HEROES”と画面に出ている映画は"LAST OF THE DOGMEN"邦題『ネイティブ・ハート』。日本での公開は2年後の1997年。IMDbによるとフランスに至っては6年後の2001年。
ダイアン・キートン初監督作”UNSTRUNG HEROES"邦題『想い出の微笑(ほほえみ)』はアメリカでは1995年9月に公開される。日本では劇場未公開。
コメント(0) 

チョコエッグ クレヨンしんちゃんムービーセレクション (サボテン大襲撃、3分ポッキリ)

2015年 オラの引越し物語~サボテン大襲撃~
2015年 オラの引越し物語~サボテン大襲撃~.JPG2015年 オラの引越し物語~サボテン大襲撃~ 紙.JPG

2005年 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃
2005年 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃 後ろ.JPG2005年 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃.JPG2005年 伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃 紙.JPG
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1995年9月9日 [ショウビズトゥデイ]



スニーク・プレビュー
"THE SHOW"(『THE SHOW』)のキャスト 〈ラッセル・シモンズ(製作総指揮)、スヌープ・ドギー・ドッグ〉

"THE USUAL SUSPECTS"(『ユージュアル・サスペクツ』)のキャスト 〈ガブリエル・バーン、ベニチオ・デル・トロ、ブライアン・シンガー(製作・監督)、ケヴィン・ポラック〉


全米映画興行成績ベスト10
"LORD OF ILLUSIONS" 『ロード・オブ・イリュージョン』
"DESPERADO" 『デスペラード』
の2本が初登場。


インタビュー
"LORD OF ILLUSION"(『ロード・オブ・イリュージョン』)のキャスト 〈スコット・バクラ、クライヴ・バーカー(製作・監督・脚本)〉

女と男の討論
"DANGEROUS MINDS"(『デンジャラス・マインド/卒業の日まで』)討論
『ベイブ』討論

インタビュー
アントニオ・バンデラス 『デスペラード』



CM多め。

帽子を被っていないロバート・ロドリゲスが見られるのは今や貴重ではないかと思われる。
コメント(0) 

チョコエッグ クレヨンしんちゃんムービーセレクション (野生王国、アミーゴ)

2009年 オタケベ! カスカベ野生王国
2009年 オタケベ! カスカベ野生王国.JPG2009年 オタケベ! カスカベ野生王国 紙.JPG

2006年 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
2006年 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!.JPG2006年 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! 紙.JPG
コメント(0)