SSブログ
前の15件 | -

ハニーボーイ、ドロステのはてで僕ら [映画]

バニーボーイを観た。
2005年、若手売れっ子俳優のオーティスは飲酒運転による交通事故を起こしてしまう。それまでにも問題行動を起こしてきたオーティスは更正施設に入所し父親と二人で過ごした10年前の少年時代と向き合う様に促される。

シャイア・ラブーフが自ら脚本を書いた自伝的映画。
実際に映画界で注目を集めたのは2005年のコンスタンティンからだろうか。それ以前はテレビ界の方で活躍していたらしいがそこら辺の事は全く知らない。
コンスタンティン以降は主演作もヒットし、そして話題作や大作映画への出演が続く。自動車事故を起こしたのはその頃の2008年。
そのブイブイ言わせてた頃は生意気そうな兄ちゃんの印象であまり良くは思っていなかった。
その頃は問題行動もそれほど表面化していなかったが心の問題は常に抱えていたという事だろうか。
成長したオーティスが起こす問題行動の原因は子供の頃の父親との関係にある。として、当時の事に向き合った結果、確かに父親に問題は有ったけどそれ以上に愛情にも溢れていた事に現在の自分が父親の立場や感情を理解出来るようになってから気付く。
問題の原因は父親にも有るけど、でもそれを一方的に責める事も出来ない。映画だからといってそんなに単純に解決出来ないし、したくない。という所なのか。複雑な心の内を吐き出す事がシャイア・ラブーフにとって大切だったのかも。



ドロステのはてで僕らを観た。
京都。喫茶店のオーナーは営業を終え雑居ビル2階にある自室へと戻る。すると室内のテレビモニターが勝手に映りその画面に2分先の自分が映っていた。

タイトルからは想像しづらいが日常SF映画。公開規模が小さいのが残念だけどこういった作品が作られる事自体が嬉しい。都内では下北沢トリウッドがヘッド館みたいだけどTOHO日比谷で観た。三番目の大きさのところが振り当てられていた。

内容の方はかなりややこしくて大枠ではどういった事だったのかは分かるし、70分の全編ほぼワンカットで撮られていて物凄く考えられて作られているのだろうなあという事も分かる(ある所でメイキングが見られる。撮影はワンカットではなかったが一つ一つのシーンは長回しで撮られているのでやっぱり大変そう)が細かい理屈はあまり理解出来ていない。
ある種のタイムトラベルとして現在と過去と未来の登場人物が同時に存在するが現在の人物を中心として話は進められるので、現在が何かしらの行動をしているその時過去と未来はどうなっているのかが気になってしまう。
2分先の未来を延々と映し出すモニターと向かい合っているもう一方のモニターには過去が延々と続いているのでは?とか考えるとタイムパラドックスで物語を作るのはやっぱり難しいなあと思い、この内容を藤子・F・不二雄先生が漫画で描いたとしたらもうちょっと違ったのかもと思っていた所、エピローグにF先生のSF(少し不思議)短編漫画へのリスペクトが有ってもうそれだけでこの映画を好きになる。出来ればエンドクレジットにも謝辞的な言葉が有ればもっと良かった。多分無かったはず。
コメント(0) 

皇帝ペロ1世 [ペロ]

西暦20××年8月
「諸君!ついに我々の時代がやってきた!彼らブブブンゲの栄華の時は終わりを迎えようとしている。彼らとは長い時を信頼し合い互いを必要としていた。そうであったと私は信じている。しかし彼らに未来は無い!
彼らはあまりにも傲慢過ぎた。この星の資源を使い尽くそうとし、かけがえのない自然を破壊し、多くの生き物達、時に同族の命までも無惨に奪ってきた。我らにそれを止める手立ては無かった。とは言えただ傍観していた我々もその罪を我々の罪として粛々と受け止めなければならない。

ブブブンゲは我らの事を犬、犬コロ、ワン公、わんちゃん、イッヌなど勝手気ままに呼んでいたがその支配、そして呪縛から解き放たれる時が来た。我はペロ!そして諸君らもまたペロであるのだ!

罪深きブブブンゲ。しかし彼らは間もなくこの星から消え行く運命。その僅かな時間、我らの庇護の下に置く事を誰にも咎められる事は無いだろう。
か弱き者ブブブンゲ達が長年我らに投げつけていた言葉を我らも使う時が来た!そう!ステイホームと!」

その年は異常気象が続き夏の訪れも遅かったが夏の到来とともに厳しい暑さがやってきた。そしてあのウイルス。かつて支配者であったヒト、人類、今やペロ達がブブブンゲと呼ぶ我らをその座から引きずり落とし、ペロ達に知性を与えたあのウイルスが蔓延した年。
猛暑だったあの日の皇帝ペロ1世の初演説がペロ歴の始まりであった。我々の時代に渇望しながらもついぞ訪れなかった平和と秩序がペロ達の世界には溢れている。
その世界で我々は希少な生き物として完全にペロ達に守られている立場だ。しかし今でも我々とペロ達との間に信頼と友情は存在していると私は信じている。
それにしてもあの頃の様に自由に出歩きたい。その願望は常に付きまといついフラフラと外に出ていってしまいそうになる。そんな時必ずあの言葉がどこかから聞こえてきて我に返るのだ。
あの言葉、そう「ステイホーム!」と。

Carl Dick ヨークシャーテリア犬子犬8.5インチ、22 cm、ぬいぐるみ、柔らかいおもちゃ3138

コメント(0) 

姉妹対決



妹の方は言われてからそう言えば似てると気付くタイプで姉の方は一目で完全一致。


コメント(0) 

きょうのポストカード(機動戦士ガンダム) [映画のポストカード]

本日午後6時28分からBS11で機動戦士ガンダム(ライリー)+ガンプラ40周年特番
機動戦士ガンダム.JPG
コメント(0) 

先週のしんちゃん

風間くんのツッコミ能力の高さ!

コメント(0) 

きょうのポストカード(スタンド・バイ・ミー) [映画のポストカード]

今日夕方5時58分からBSテレ東水曜映画館でスタンド・バイ・ミー【日本語吹替】
スタンド・バイ・ミー (2).JPG
コメント(0) 

眠れぬ夜の動画あれこれ











来週のこれが楽しみ。桃鉄やった事無いけど。

コメント(0) 

カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-、ジェイド・ダイナスティ破壊王、降臨。、WAVES/ウェイブス [映画]

カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-を観た。
都会から田舎に越してきた一家。アルパカの飼育も順調だったが田舎暮らしに不満のある長女は独自の呪術によってこの場所から出て行こうとしていた。
ある日隕石が庭に落下し見た事の無い色に包まれて以来家族に不可思議な現象が起こる。

狂ったニコラス・ケイジが見られて楽しい。特にはトマトを齧っては吐き捨て齧っては吐き捨て、最終的にトマトをゴミ箱にスラムダンクするのが最高だった。
マンディ地獄のロード・ウォーリアーと同じくイライジャ・ウッドがプロデューサーとして参加している。イライジャ・ウッドも狂ったニコラス・ケイジが大好きなのかも。

宇宙からの侵略モノとしてはそんなに目新しくはないかなと思ったけど(アルパカにあんな事するのは斬新だった)そもそも侵略を目的としているのかよく分からない。
人間には色としてしか認識出来ない(匂いや光も認識出来たか)何かと接触する事によって人間を含む地球上の生物に異変が起こる。
それは現実の今の状況、人間の目には見えないウイルスによって大きな混乱が起きている状況にとてもよく似ていて。本作の中にも解決策は無かったが色として認識出来るのでその色の有る所には近寄らないのが唯一の手段だろうか。
人間が迂闊に近寄ったらとんでもない目に遭ってしまう事が宇宙には有って、それは宇宙の一部である地球の中でも当然起こり得る。そんな教訓だったのかもしれない。



ジェイド・ダイナスティ 破壊王、降臨。を観た。
むかしむかし武術の流派一門がその地を平和に治めていた。とあるアイテムの出現が悪を呼び覚まし争いが起こる。

終盤で睡魔に負けた。なのでどういう結末だったのかは分からないがタイトルから予想するとあの人物が破壊する側に立ったのか?
分からないと言えばタイトルのジェイド・ダイナスティの意味も分からない。
ジェイドjadeが翡翠でダイナスティdynastyが王朝、支配者層、名家という意味らしいが翡翠の王朝みたいなのは映画の中に出てきただろうか?睡魔に負けている間に出てきたのかもしれない。

意識がはっきりとしていた途中までの感じではハリー・ポッターをかなり意識している様に思えた。ハリー・ポッターシリーズのサブタイトルでお馴染みの何々と何々の何々が本作のサブタイトルだったら観ないでも分かったのに。
重要なアイテムの争奪戦はロード・オブ・ザ・リングだろうか。
シリーズの1作目の様で、中国では大ヒットしたみたいなので続きが有りそう。この先もハリー・ポッターになるのだったら自分はもういいかなと思うけど。



WAVES/ウェイブスを観た。
裕福な暮らしをしている一家。父親は家族に対して無意識に強圧的に接していたが物事が順調にいっている間は皆がそれを受け入れていた。

予告を見た限りではおしゃれなミュージックビデオ的な映画なのかと思っていた。物語にはそれほど重きを置いていないような。実際観てみたらちゃんと一本筋の通った物語だった。正直な所、前半は堕ちていく物語として類型的と言うか有りがちな話だなあと思ったけど、後半主人公が変わってからは良かった。前半で堕ちてそこから再生していく物語になるので内容は重たいけれども単純に気持ち的に楽。
クレヨンしんちゃんのネネちゃんからしたら後半でもっとドロドロしないとリアルおままごと的には不満かもしれない。
コメント(0) 

おしりのチラシとえきでん

映画おしりたんてい テントウムシいせきのなぞ.jpg
8月14日(金)公開予定の東映まんがまつりの中の一本。
テントウムシ遺跡に隠された宝で、雨が降らずに困っているテンテン村を救う!?というお話らしい。
テンテン村が中国っぽいネーミングで、なのでパンダが出ているのか。
おしりたんていのお父さんはおしりダンディとの事。お父さんの出で立ちはインディ・ジョーンズっぽいので探検家という事なのかも。



れっつすぽーつ!スイングのえきでんhttps://www.bandai.co.jp/catalog/item.php?jan_cd=4549660473619000
DSC_1362.JPG
DSC_1363.JPG
コメント(0) 

きょうのポストカード(ヒート) [映画のポストカード]

本日午後2時BSテレ東でヒート放送【日本語吹替】
ヒート (8).JPG

ヒート (9).JPG
コメント(0) 

きょうのポストカード(RONIN) [映画のポストカード]

本日夜9時からBS-TBSでRONIN【日本語吹替】
RONIN (7).JPG

RONIN (6).JPG

RONIN (5).JPG
コメント(0) 

トミカ大好きTくん

チョコパイの箱の裏に付いていたおまけ。切り抜くのが面倒臭い。茶色い太枠を切り外さないと綺麗に組み立てられない。
https://lotte-shop.jp/shop/e/ecptcp/
DSC_1350.JPG
DSC_1351.JPG
DSC_1352.JPG
DSC_1353.JPG
DSC_1354.JPG
コメント(0) 

海底47m古代マヤの死の迷宮、ブラック アンド ブルー、イップ・マン完結、悪人伝(シャウ、SONGS) [映画]

海底47m 古代マヤの死の迷宮を観た。
海に沈んだ古代マヤ文明遺跡でホオジロザメの歯の化石が見つかった。大昔に獲物を追って遺跡に入り込み朽ち果てたらしい。
週末、秘密のスポットで水遊びを楽しむ女子高校生たち。そのスポットは遺跡に通じていた。

海底47mシリーズの2作目。前作とのつながりは海と姉妹とサメ。今回は47mまでは潜っていないみたい。減圧の事は気にしていなかったし。47という数字がこのシリーズの象徴という所だろうか。Gメン'75の様に。


タイトルだけパクったのかと思っていたけど監督は前作に引き続いてのヨハネス・ロバーツ。ヨハネス・ロバーツのフィルモグラフィをallcinemaで見てみるとこれまで監督作が9本有って、最長が96分でその他は全て90分以下。海底47mシリーズしか観ていないけど俄然興味がわいてくる。

前作に引き続き容赦の無さが面白い。海の中ではサメ最強。

本当に海底遺跡で撮影しているのかと思えるがスタジオにセットを組んでの撮影らしい。

スタローンの娘さんとジェイミー・フォックスの娘さんが出演。二人ともデビュー作。



ブラック アンド ブルーを観た。
ニューオーリンズ警察の新米警官アリシアが麻薬課の刑事が若者を射殺する現場を目撃する。生まれ故郷で正義に燃えるアリシアは告発しようとするが刑事はあらゆる手を使ってアリシアの口を封じようとする。

シネマ・ロサにて。

主人公の女性警察官と腐敗した刑事とギャングの三つ巴。クライマックスで団地アクションへとなだれ込むが現場が団地というだけなのが残念。



イップ・マン 完結を観た。
1963年、香港。カンフーマスター、イップ・マンの息子は高校を退学処分になる。息子の将来を思いアメリカへ留学する事を勧めるが息子は偉大なるカンフーマスターである父親の元でカンフーの修行をする事を望んでいた。

ドニーさんのイップ・マンの完結編。完結という事で言えばアンソニー・ウォンのも有ったけど。
イップ・マン アメリカ激闘編とも言える内容にこれは完結編に相応しいのだろうかとも思えるが、イップ・マンと言えば偉大なカンフーマスターで有るとともにブルース・リーのお師匠さんでもあるという事が重要で、ブルース・リーを登場させるためにはイップ・マンをアメリカに行かせなければならなかったのかもしれない。

セットが豪華。お金のかけ方が素晴らしい。



悪人伝を観た。
連続無差別殺人鬼が次の標的に選んだのはたまたま前を走る車に乗っていたヤクザのボスだった。いつも通りの手口で犯行に及ぶも屈強な肉体のボスに致命傷は与えられず犯行は失敗する。やられたらやり返すをモットーとするヤクザの世界でのし上がってきたボスは復讐するため警察と協力して犯人を探す。

殺人鬼役の人が和牛の川西さんに似ていた。



話題の韓国ドラマ愛の不時着(未見)には岡村靖幸さんにそっくりな人が出ているとこの間のSONGSで松任谷由実さんが言っていたので画像を探して見てみたら確かに似ていた。
普段のSONGSがどの様な歌番組なのかは全く知らない。なんで大泉洋さんがちょっとだけ出ているのかも謎。そう言えばエクストリーム・ジョブには大泉洋さんに似ている人が出てた。
SONGSの岡村ちゃんの回では結婚について真面目に取り組んでいて、真面目な事に真面目に取り組んでいるから逆にふざけた感じになるという。そんなふざけた感じのNHKの歌番組に岡村ちゃんが出ているのが嬉しかった。https://www.nhk.or.jp/music/songs/432598.html
コメント(0) 
前の15件 | -