SSブログ
前の15件 | -

とびだせ! ならせ! PUI PUI モルカー、大魔神 [映画]

とびだせ! ならせ! PUI PUI モルカーを観た。2021年、日本、34分。
巨大化した四輪走行形態のモルモットは自らの意思を持ちながら社会では人間の移動手段としての役目を担っていた。

子供用テレビ番組で作られた全12話を一挙上映。観客は自分も含めて大人がほとんどだった。モルモット自動車というキャラクターとしては知っていたが初めて観る。
ところで本編前にドラえもんの映画マナーが流されるがドラえもんはモルモットは平気なのだろうか?と気になってしまう。
入場者特典として握るとピーピーと音の鳴るものが配られ上映中もピーピーと鳴らす事が許される所謂応援上映を初体験。
自分はピーピーやらなかったが上映前の休憩時間からずっとピーピーピーピー鳴っていてまあ貴重な体験で面白かったと言えば面白かったけど、映画館で上映中は余計な音を立てないという事が長年染み込んでいて、それが常にちゃんと出来ているかというとそうではないかもしれないけど、でも常にそうありたいと思っているので応援上映は今回が最初で最後になるだろうと思う。

かつての日比谷スカラ座にて。TOHOシネマズスカラ座に名称が変わり、現在の名称はTOHOシネマズ日比谷のスクリーン12。
そのかつての日比谷スカラ座にはTOHOシネマズ日比谷になってから行けてなくて。かつての日比谷スカラ座にどの作品をかけるか編成はTOHOシネマズのさじ加減一つで、そのタイミングが今まで合わなかった所に何かTOHOシネマズとの相性の良くなさを感じずにはいられないが今回ようやっとタイミングが合った。
スクリーン12になる際に確か改装をしたとかだったかと思ったが客席内は以前と変わり無く懐かしかった。かつてのみゆき座にも行けていないがそちらはどうなんだろう。
かつての日比谷スカラ座とかつてのみゆき座は別館でそのビルとビルが地下で繋がっていたのは初めて知った。地上では通りを挟んだ映画館では無い方のシャンテとも繋がっていた。
日比谷、有楽町、銀座が地下で繋がっていてなんだったら東京駅まで地下で歩いて行ける。

かつての日比谷スカラ座では3Dでの上映。3D効果はほとんど無くモルカーではない何かのちょっとした物体が2回くらい浮かび上がるだけのぼったくり3D。映倫的に3Dの規定とか無いんだろうか。元々3D上映を想定して作られていないから仕方ない。という言い訳だけで料金を上乗せする銭ゲバ商法と揶揄するのは恐らく自分くらいだろう。

シンエイ動画が共同製作。クレヨンしんちゃんにそろそろパロディ、もしくはコラボ作品が登場してもおかしくない頃なのでは。やっぱりドラえもんとのコラボは難しいのか。
BURI BURI ブタカー(「わたしはブタではない!」)
DSC_1490.JPG
DSC_1491.JPG



大魔神を観た。1966年、日本、1時間24分。
戦国時代のとある国で謀叛が起こる。その国では人々に災いをもたらすと言われる魔神を武神が封じ込めていると信じられていた。

8月の『妖怪大戦争 ガーディアンズ』公開を記念して角川シネマ有楽町、ところざわサクラタウンで絶賛開催中の妖怪特撮映画祭の1本。角川シネマ有楽町にて。
https://cinemakadokawa.jp/yokaitokusatsu/

初見。時代劇特撮映画。時代劇9割、特撮1割といった感じ。物語上そうなるのは当然だと思うので特に不満はないし、時代劇としてとても良く出来ていると思う。出演者で知っている人は少なかったけど当時子役だった人も含めて実力派揃いといった感じで良かった。

災いをもたらす魔神とそれを封じ込めている武神が実は同一だった。というのが人間そのものにも当てはまり、あんまり人の尊厳を踏みにじっているといくらなんでもおとなしい人も大魔神になっちゃうよ。という教訓なのだろう。
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年12月10日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10
"THE PAGEMASTER" 『ページマスター』(主演 マコーレー・カルキン 監督 ジョー・ジョンストン)
"A LOW DOWN DERTY SHAME" 『ダーティ・シェイム』
"JUNIOR" 『ジュニア』


インタビュー
ティム・アレン 『サンタクローズ』

パトリック・スチュアート 『ジェネレーションズ/STAR TREK』

ブラッド・ピット&クリスチャン・スレイター 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

アーノルド・シュワルツェネッガー 『ジュニア』

キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ(監督・脚本・主演) 『ダーティ・シェイム』



コメント(0) 

きょうのポストカード(許されざる者) [映画のポストカード]

今日のBSプレミアム午後の映画は許されざる者
許されざる者 (3).JPG
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年12月3日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10
"THE SWAN PRINCESS" 『スワン・プリンセス/白鳥の湖』
"MIRACLE ON 34TH STREET" 『34丁目の奇跡』
"THE PROFESSIONAL" 『レオン』
"STAR TREK:GENERATIONS" 『ジェネレーションズ/STAR TREK』
の4本が初登場。


映評
"STAR TREK:GENERATIONS" (『ジェネレーションズ/STAR TREK』)

インタビュー
トム・クルーズ 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

『レオン』のキャスト 〈リュック・ベッソン(監督・脚本)、ナタリー・ポートマン、ジャン・レノ、ゲイリー・オールドマン〉

『34丁目の奇跡』のキャスト 〈ディラン・マクダーモット、ジョン・ヒューズ(製作・脚本)、リチャード・アッテンボロー、マーラ・ウィルソン、エリザベス・パーキンス〉


'94クリスマス映画紹介
『34丁目の奇跡』『サンタクローズ』『ジュニア』『ジム・キャリーはMr.ダマー』『ジャングル・ブック』『ページマスター』『ジェネレーションズ/STAR TREK』『リッチー・リッチ』『運命の絆』『若草物語』『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』『ネル』『眠れない夜はあなたと』『ディスクロージャー』『プレタポルテ』『ミックス・ナッツ/イブに逢えたら』『星に想いを』『ノーバディーズ・フール』『タイ・カップ』
コメント(0) 

きょうのポストカード(バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲) [映画のポストカード]

BSプレミアム午後の映画、ここの所3週連続水曜日にバットマンシリーズを放送。そして来週の水曜、ジョージ・クルーニー版バットマンは放送されず。
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲.JPG

スリッパ?
バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲 (シロクマ).jpg
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年11月26日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10 (トータルの興収も表示される)
"THE SANTA CLAUSE" 『サンタクローズ』
"INTERVIEW WITH THE VAMPIRE" 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』
の2本が初登場。


インタビュー
アン・ライス(原作・脚本) 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

"THE SANTA CLAUSE"(『サンタクローズ』)のキャスト 〈ティム・アレン、ジャッジ・ラインホルド、エリック・ロイド〉

ケネス・ブラナー(監督・主演) 『フランケンシュタイン』

ケヴィン・コスナー 『8月のメモワール』

メア・ウィニンガム 『8月のメモワール』



『サンタクローズ』は「SANTA CLAUS」ではなく「SANTA CLAUSE」。「CLAUSE」の意味が条項で、主人公がサンタの契約を結んだ際、契約内容に様々な条項が有って。という事で色々な出来事が起きる。
コメント(0) 

きょうのポストカード(バットマン フォーエヴァー) [映画のポストカード]

今日のBSプレミアム午後の映画はバットマン フォーエヴァー
バットマン フォーエヴァー.JPG
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年11月19日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10
"THE WAR" 『8月のメモワール』
"MARY SHELLEY'S FRANKENSTEIN" 『フランケンシュタイン』
の2本が初登場。


インタビュー
ジェームズ・スペイダー 『スターゲイト』

映評
『フランケンシュタイン』

インタビュー
ロバート・デ・ニーロ 『フランケンシュタイン』

"THE WAR”(『8月のメモワール』)のキャスト 〈ケヴィン・コスナー、イライジャ・ウッド、ジョン・アヴネット(製作・監督)、メア・ウィニンガム〉

ダナ・カーヴィ 『ケロッグ博士』
コメント(0) 

アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン、唐人街探偵 東京MISSION、ファイナル・プラン [映画]

アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリンを観た。2018年、アメリカ、1時間29分。
1972年1月、女性ソウルシンガーのトップスター、アレサ・フランクリンがロサンゼルスのパブテスト教会で2日間に渡り歌手としてのルーツであるゴスペルのライブを行なう。その熱狂の模様をカメラは記録していた。

公式サイトの説明によるとシーンの始めのカチンコが無かったために映像と音声のシンクロが出来ずに撮影から50年近く経つまで長くお蔵入りだったのだとか。その問題が現在の技術によって解消されて作品として完成し発表される。
それだけカチンコが重要なのが分かったけど、でもそれだけの事ならもっと前にシドニー・ポラック監督がご存命の間(2008年没)に出来なかったのか?とも思ってしまう。それだけではない理由も有ったのか。

ゴスペルにはほぼ馴染みが無い。映画の中でたまに見るくらい。
神への信仰心を高める一つの手段としての機能も有るのかなあと思った。
そもそも教会という場所自体が信仰心を全肯定される場所であって。教会外では時には信仰心が試されたりするケースも有るのだろうと思う。特に1970年代で黒人という立場では辛い経験も少なからず有ったものと想像出来る。そんな時に神の存在を疑ったりもするのではないだろうか。でも教会に行けばそこでは神が必ずいるとされて、神の存在を疑わないあなたは正しいと全肯定される。その上歌詞の内容が神の存在や信仰心の正しさを歌い上げるゴスペルによって更に気分は高揚し熱狂の度合いはヒートアップするばかり。
信仰心がほぼ無い自分としてはその熱狂がちょっと怖くも思えてしまう。一途な思い過ぎて極端に危険な方向に向かってしまう事も有るだろうし。
自分たちが信じているのとは別の神の存在を認められる寛容さも大切なのではないか。

ソウルの女王と呼ばれるアレサ・フランクリンの楽曲も聴いた事が無い。と思っているが、意識して聴いた事が無いだけで無意識の内に自然と耳に入ってきている事は有るのだろうと思う。
今回初めて意識して聴いたが圧倒的な歌唱力だった。ピアノも上手い。それとMC(?)を勤めた説教師の方もめちゃくちゃ歌が上手くてピアノが上手い。そしてMC兼説教師としてのトークも上手くて、この人芸能界に行っても成功したんじゃないかと思えるほどのエンターテイナーだった。

2日目のライブ会場の教会には純粋に一観客としてのミック・ジャガーの姿があった。



唐人街探偵 東京MISSIONを観た。2021年、中国、2時間18分。
推理アプリの世界探偵ランキング2位のチン・フォンと遠戚の叔父タン・レンの二人は同じく2位の野田昊(のだひろし)から依頼を受けて日本で起きた完全密室殺人事件の謎を解き明かす事に。推理が進む内にランキング1位ながらその実態は知られていない"Q"の存在が浮かび上がってくる。

中国では大ヒットのシリーズ3作目が東京を舞台にしていて主要キャストに日本人俳優が多数出演という事でいきなり劇場公開。それをいきなり観た。
本編が始まる前に前2作をさらっとおさらいしてくれるので大体内容は掴めるが当然実際に前2作を観ていた方が楽しめるのは当たり前なのだけど、さすが大ヒットするだけの事は有って今の中国映画の勢いが如実に現れていてその勢いに押されるがままといった感じで圧倒される。
以前ジェット・リーが主演の中国では大ヒットしたというバディモノの刑事映画を観た時はギャグのノリとかがちょっと古いなと感じたのだけど、本作ではそこら辺がアップデートされている様に感じた。最新かと言うとそうではないけどコテコテの方が世界共通だったりするし、今の時代の現代版コテコテといった所。
トニー・ジャーのまさかのあのコスプレを目にして思わず変な声が出てしまって恥ずかしかった。

終盤の感動シーンではまさかのジョー山中。母さん、僕のあの麦わら帽子どこに行ったんでしょうね。ママー、ドゥユーリーメンバー。
その映画『人間の証明』は未見で、ドリフのコントで志村さんがパロディギャグにされていた印象が強いので感動するというより面白く思えてしまう。
あと、ジョーさんめっちゃ喧嘩が強いという芸能界最強伝説が脳裏に浮かんでくる。

最終的に世界の平和を守るのは我ら。みたいな感じになるが、そこに日本やタイなどが含まれて多国籍になっているとはいえ、その平和は大丈夫なのかと不安に感じたり。
アジアの多国籍に今のところ韓国が含まれていないようだけど今後あっと驚くようなビッグスターが参加したりするのだろうか。



ファイナル・プランを観た。2020年、アメリカ、1時間39分。
レンタル倉庫の受付女性と一目会ったその日から恋の花咲く初老の男の正体は連続銀行強盗犯だった。出会ってから一年後にプロポーズを受け入れられた事で男はある覚悟を決める。

リーアム・ニーソン主演のアクションサスペンス。今回はロマンスも。
リーアム・ニーソン演じる主人公が圧倒的に強いのはいつもながらにスカッとするし、細かいディテールがしっかりとしていて良かったのだけど今回は悪役がちょっと弱いというか脇が甘いというか。悪事が行き当たりばったりで、それでどうやって収拾つけるつもり?と観ているこちらが心配になってしまう。主人公と目撃者でもある恋人を始末出来れば罪を全部被せられるとは思えなかった。

FBI捜査官二人が車から降りる所をカメラは車の横から後ろへと先に回り込む移動撮影で、カメラが後ろの所定の位置に止まった所で捜査官の一人がフレームインしてくるショットがピッタリと決まってカッコ良かった。

エンドロールで流れる楽曲は作品の雰囲気に合ってなかった。そこら辺はハリウッド映画でもどうしても使わなければならない大人の事情が有ったりするのか。



ジャッリカットゥ 牛の怒りで寝た。
インド映画は元から合わないと分かっていたけど本作では見事に寝堕ちた。もはや体質的に合わないのかもしれない。いつか苦手意識みたいなものが克服出来るようなインド映画に出会えるだろうか。
途中で起きて一応最後まで観た。インド映画にしては91分と短い映画なので早く終わって良かった。
見た限りでは群衆が牛を追いかけるシーンのパワフルさとか凄えなとは思う。他のインド映画でも(あんまり観ていないが)シーンで見れば凄いなと思う所は有るんだけどその凄さが作品に返ってくるのかというと、そのシーンが凄かっただけで終わってしまう事が多い印象。

ある村で食用の水牛が逃げ出した事から物語は始まるが、インドでは牛は神聖な生き物なんじゃなかったっけか?と薄い知識で疑問に思って後で調べたらヒンドゥー教では牛が神聖な生き物という事。インド(人口13億超)ではヒンドゥー教徒が8割近くいるが映画に出てくる村ではキリスト教を信仰しているみたいだった。そうなるとインド国内では少数派という事になるこの映画はどの様に受け止められているのだろう。神聖な牛を食べてしまう野蛮人達の因果応報の物語といった感じなのか。

水牛の英語名はBUFFALOバファロー。最近は日本プロ野球のオリックス・バファローズのマスコットキャラ、バファローベルとバファローブルの動画を観て癒されている。
他のチームのマスコットのも見るとやっぱりドアラ先生がおもろいなと思う。そしてシャオロン、パオロンも可愛い。







コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年11月12日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10
"SILENT FALL" 『精神分析医J』
"THE ROAD TO WELLVILLE" 『ケロッグ博士』
"STARGATE" 『スターゲイト』
の3本が初登場。


インタビュー
カート・ラッセル 『スターゲイト』

ジョン・トラヴォルタ 『パルプ・フィクション』

ゲーリー・シャンドリング 『めぐり逢い』

"THE ROAD TO WELLVILLE"(『ケロッグ博士』)のキャスト 〈ダナ・カーヴィ、アラン・パーカー(製作・監督・脚本)、ブリジット・フォンダ、ジョン・キューザック、マシュー・ブロデリック〉

リチャード・ドレイファス 『精神分析医J』
コメント(0) 

きょうのポストカード(マトリックス レボリューションズ) [映画のポストカード]

今夜のBS日テレ日曜ロードショーはマトリックス レボリューションズ
マトリックス レボリューションズ.JPG
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年11月5日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10
"THE PUPPET MASTERS" 『ブレイン・スナッチャー/恐怖の洗脳生物』(原作 ロバート・A・ハインライン 出演 ドナルド・サザーランド)
"LOVE AFFAIR" 『めぐり逢い』
の2本が初登場。


インタビュー
クエンティン・タランティーノ(監督・脚本・出演) 『パルプ・フィクション』

サミュエル・ジャクソン 『パルプ・フィクション』

シルヴェスター・スタローン 『スペシャリスト』

ウォーレン・ベイティ(製作・脚本・主演)&アネット・ベニング 『めぐり逢い』

"LITTLE GIANTS"(『リトル・ジャイアンツ』)のキャスト 〈ショーナ・ウォルドロン、エド・オニール、リック・モラニス〉



『リトル・ジャイアンツ』出演のエド・オニールは浦沢直樹顔だなあと思う。リック・モラニスやメガネの少年もそう。

結局『ショーシャンクの空に』はあまりヒットせず。作品自体の評価は高かったが全米中が大好きだった『フォレスト・ガンプ/一期一会』の余波を悪い方でもろに受けたのが『ショーシャンクの空に』だったのだと思う。それはこの年の賞レースでも言える事となる。
しかし年を重ねる毎にその立場は逆転したのではないか。『フォレスト・ガンプ/一期一会』を好きっていう人あんまり見ない。悪く言う人もあんまり見ないのはそもそも話題に上がらないからか。
その点で『ショーシャンクの空に』を名作と褒め称える人が増えるとシネフィルの方々からはバッシングを受けるという。これは日本に限った事?
『ショーシャンクの空に』はこの先どんな評価を受ける事になるのでしょう。個人的にはずっと名作のままだろうと思う。
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年10月29日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10
"EXIT TO EDEN"
"LITTLE GIANTS" 『リトル・ジャイアンツ』(主演 リック・モラニス 撮影 ヤヌス・カミンスキー)
"WES CRAVEN'S NEW NIGHTMARE" 『エルム街の悪夢/ザ・リアルナイトメア』
"PULP FICTION" 『パルプ・フィクション』
の4本が初登場。


インタビュー
『パルプ・フィクション』キャスト 〈ブルース・ウィリス、ユマ・サーマン、サミュエル・L・ジャクソン〉

シャロン・ストーン 『スペシャリスト』

"Wes Craven's New Nightmare"(『エルム街の悪夢/ザ・リアルナイトメア』)キャスト 〈ヘザー・ランゲンカンプ、ウェス・クレイヴン(製作総指揮・監督・脚本・出演)、ロバート・イングランド〉

マリサ・トメイ&ロバート・ダウニー・Jr 『オンリー・ユー』

『センシャル・ウーマン』("EXIT TO EDEN")キャスト 〈ロージー・オドネル、ダン・エイクロイド、ゲイリー・マーシャル(製作・監督)、ダナ・デラニー〉



『パルプ・フィクション』の興行収入水増し疑惑はそう言えばそんな事も有ったっけといった所。
サミュエル・L・ジャクソンのLは日本ではこの頃まだ表記されていないのも、そう言えばそうだったなあといった所。

『センシャル・ウーマン』はゲイリー・マーシャル監督の大ヒット作『プリティ・ウーマン』をもじった邦題で公開する予定だったけどなんらかの事情で劇場公開もビデオ化もされなかったみたいなので『センシャル・ウーマン』という邦題の映画は存在しない。
原作はアン・ライス(アン・ランプリング名義)。原作を相当変えての映画化という事で、これがきっかけで『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』製作時に原作者自らの映画への批判に繋がったのかなあと想像してみる。
コメント(0) 

ショウビズトゥデイ 1994年10月22日 [ショウビズトゥデイ]



全米映画興行成績ベスト10
"ED WOOD" 『エド・ウッド』(製作・監督 ティム・バートン 主演 ジョニー・デップ)
"THE SHAWSHANK REDEMPTION" 『ショーシャンクの空に』
"ONLY YOU" 『オンリー・ユー』(製作・監督 ノーマン・ジュイソン 主演 マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr)
"THE SPECIALIST" 『スペシャリスト』
の4本が初登場。


インタビュー
S.スタローン&S.ストーン 『スペシャリスト』

ケヴィン・ベーコン 『激流』

映画批評
"ONLY YOU"(『オンリー・ユー』)

インタビュー
T.ロビンス&M.フリーマン 『ショーシャンクの空に』
コメント(0) 

きょうのポストカード(ポセイドン・アドベンチャー) [映画のポストカード]

本日のBSプレミアム午後の映画はポセイドン・アドベンチャー
ポセイドン・アドベンチャー.JPG
コメント(0) 
前の15件 | -