SSブログ

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 [ハ行の映画]


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2


『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
“HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PARTⅡ” (2011・イギリス=アメリカ) 2h10
監督 : デヴィッド・イェーツ
出演 : ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン





遂にハリーVSヴォルデモード最終決戦の時。



見事シリーズ完結。おめでとうございます。
過去にシリーズ化を想定しながらシリーズ化出来なかった『レモ/第1の挑戦』『ローデッド・ウェポン1』
レモ/第1の挑戦 [DVD]National Lampoon's Loaded Weapon 1 - 映画ポスター - 11 x 17の事を思うとシリーズ全7話8作品を最後まで作り上げた事自体が驚異的な作品であったと思います。
シリーズ化にはやっぱり原作が大事なのかと思ったり。







その原作を読んでいないので分かりづらい所も有るには有った。ここに来ての新キャラ、新アイテム、新設定が有ったりして。
でもとりあえずは最後まで終わらせた事がめでたい。



結局『ハリー・ポッター』はハリーたち少年少女の成長を描く物語で。ヴォルデモートは社会に存在する全ての悪の象徴みたいなもので、少年少女が成長するにあたって超えなければならない高い壁だったのだと思う。
それを見事に超えたハリーたち。良かった。めでたい。



しかしヴォルデモートの120パーの「アブゥダッ・ケタァブラッ!!!」は凄かった。
★あの人・・・★[直筆サイン入り写真] レイフ・ファインズ Ralph Fiennes (ハリーポッター/ ヴォルデモート)

あの恐怖感たっぷりの言い方はレイフ・ファインズにお任せだったのだろうか。
さすがシェイクスピア俳優。

凄かったけど、ハリーってアレだからその呪文唱えちゃいけないんじゃないだろうか。そこらへんよく分からなかった。




めでたしめでたしの19年後。ハリーが無精ひげで失業感漂わせているのは何故?と思ったけど、あれは偉大な魔法使いダンブルドアと言えば立派なひげ。ハリーも偉大な魔法使いへの道を歩んでいるけどひげはまだまだみすぼらしい。という事なんだろうとひとり納得。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 2

テンプラ・ソバ・ニーロ


xml_xslさん、niceありがとうございます。
by テンプラ・ソバ・ニーロ (2011-08-14 08:08) 

テンプラ・ソバ・ニーロ

donさん、niceありがとうございます。
by テンプラ・ソバ・ニーロ (2011-08-16 21:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1